FIRD_ROGO”HOME”ホーム”MAIL”ご注文・お問い合わせ

        実   績  一  覧

開発実績目次  

保有技術目次  


開発実績

  ◆ Android携帯端末によるゴルフ場の維持管理  

  ◆ NFCカードを使ってアプリ起動  

  ◆ FFTによる周波数解析を携帯端末及びFPGAで高速処理  

  ◆ PCIExpress BUS I/F完全オリジナル版を開発  

  ◆ 光ファイバー経由で200MB/秒のシリアルデータ転送  

  ◆ 隣接差分方式による液晶のパターン検査を500Frame/sで処理  

  ◆ カメラリンク画像出力ボード(カメラ側)     

  ◆ 2.5Gbps高速シリアルデータ転送  

  ◆ リードソロモンによる画像復元を長時間通信断でも対応  

  ◆ マルチに計測画像を表示  

  ◆ LANデータ取込   

  ◆ ファード製MS-PCIボード改造  

  ◆ Rocket I/O高速転送  

  ◆ デジタルミラーDMDの制御(Digital Mirror Device)  

  ◆ プログラムロジック検証用PCIバスI/Fボード  

  ◆ 超小型汎用CPUボード"PC104PLUS"用PCIバスI/Fカード  

  ◆ CMOSイメージセンサ ステレオ画像取り込みボード  

  ◆ カメラ映像で多桁数字の認識、評価システム(宝くじ番号10枚同時)  

  ◆ ファード製PCIバスI/Fボード  

  ◆ シリアル計数器  

  ◆ 多チャネル超音波信号収録装置  

  ◆ 2000*1000画素カメラ 動画収録  

  ◆ 8chアナログ信号用ボード  

  ◆ PCIバスI/Fボード (リレー評価用)  

  ◆ 画像処理(ガラス玉計測)  

  ◆ 音声データ取り込み、認識 DIALOGICボード  

  ◆ キャプチャーボード(カメラ2台からの映像取り込み処理 )  


  ◆ Android携帯端末によるゴルフ場の維持管理

     使用機器 : Android携帯端末(USB)
     特  徴 : ゴルフ場画面の任意の位置に作業マークとデータ記録。
             作業内容と報告文を作業マークとリンクして管理

  ◆ NFCカードを使ってアプリ起動

     使用機器 : Android携帯端末(USB)
     特  徴 : NFCにURL,APLNameを記録。
             NFCを携帯端末に近づけることで目的のアプリが起動。

  ◆ FFTによる周波数解析を携帯端末及びFPGAで高速処理データ収録専用ボード

     使用機器 : Android携帯端末(USB)
     特  徴 : サンプリング100MHz、2入力。収録0.2秒。
             周波数別にエネルギーとその位相を算出。グラフ表示。

  ◆ PCIExpress BUS I/F完全オリジナル版を開発

     ボード開発 & FPGA開発 & Driverソフト開発::
     使用機器 : パソコン
     特  徴 : 1レーン2.5Gbps 転送能力 連続110MB/s
             4レーン 2.5Gbps 転送能力 連続400MB/s

  ◆ 光ファイバー経由で200MB/秒のシリアルデータ転送

     ボード開発 & FPGA開発::
     特  徴 : 光ファーバーによる高速データ転送(200MB/s)
     (1)機器間接続
           ・ 転 送 形 式 :
           8b10b形式
           ・ 送 信 ス ピ ー ド:
           2.5Gbps(製品:2.1Gbps 1ch)
           ・ チ ャ ネ ル 数:
           Max 2 Ch ( 片側 2 * 2.5 Gbps )
           ・ プロトコル:
           PCIExpress 独自開発。
           ・ ケ ー ブ ル :
           光ファイバー

  ◆ 隣接差分方式による液晶のパターン検査を500Frame/sで処理

     ボード開発 & FPGA開発 & Driverソフト開発::
     使用機器 : パソコン
     特  徴 : 隣接2Frameと上下±1ラインと左右±1画素の変動を
             想定し18通りで最も照合度の高い組み合わせで評価。
             これをFPGAで行い、実時間(2m秒)でおこなう。

  ◆ カメラリンク画像出力ボード(カメラ側)

     ボード開発 & FPGA開発
     特  徴 : ハイビジョンカメラのアナログ信号をデジタル信号化。
             カメラリンク仕様の信号を出力。
             カメラリンクケーブルから電源供給。

  ◆ 2.5Gbps高速シリアルデータ転送

     ボード開発 & FPGA開発::
     特  徴 : 2種類の高速シリアル転送を使用。

     (1)機器間接続
           ・ 転 送 形 式 :
           8b10b形式
           ・送 信 ス ピ ー ド :
           2.5Gbps(製品:1.6Gbps 1ch)
           ・ チ ャ ネ ル 数:
           Max 4 Ch ( 片側 4 * 2.5 G )
           ・ Infiniband:
           4 Ch ( 1 m )
           Xilinx社のRocket I/O(ViertexII Pro)使用。
           ・ プロトコル:
           独自開発。

     (2)機器内のボード間接続
           ・転 送 形 式 :
           SERDES形式
           (シリアルデータはデータクロックの1/10。)
           ・転 送 ス ピ ー ド :
           4 G bps
           ・ チ ャ ネ ル 数:
           4チャネル独立。
           ・ケ ー ブ ル :
           小型同軸

  ◆ リードソロモンによる画像復元を長時間通信断でも対応

     ボード開発 & ソフト開発
     特  徴 : 映像データにリードソロモン符号化処理を施すことで長い時間(1分程度)の
             通信の遮断が生じても受信側がリードソロモン復調を行うことで
             映像データの復元を実現。

  ◆ マルチに計測画像を表示

     ソフト(Windows) 開発::
     使用機器 : パソコン
     特  徴 : データごとに複数の表示形式(20組)でグラフ表示(15ライン/データ)。
             10秒ごとに再描画。
             測定中データも実時間表示。
             4種類の操作設定用画面から構成。

  ◆ LANデータ取込

     ソフト(Windows) 開発::
     使用機器 : 横河電機製コントローラ (LANモジュール付)
     特  徴 : Max20台のLANモジュールと接続し、データ収録。
             接続状態を監視、接続中ならデータを収録、保存。

  ◆ ファード製MS-PCIボード改造

     ボード開発 & FPGA開発::
     使用機器 : 
     特  徴 : 32ビット45MHzクロックでボード上メモリに収録。
             弊社製品MS-PCIを使いボード内FPGAを改造。
             連続収録、間引き収録。
             転送はSERDESを使用。LANケーブル(CAT5)2本。
             ユーザー側SERDES部は弊社製品MS-OPTIONボードを使用。

  ◆ Rocket I/O高速転送

     ボード開発 & FPGA開発:: :コネクタは InfiniBand用。
                  :ケーブルは CameraLink規格。
     特  徴 : 高速シリアルデータ転送の転送手順としてRokect I/Oを使用。

  ◆ デジタルミラーDMDの制御(Digital Mirror Device)G-PCI-VP

     ボード開発 & FPGA開発 & ソフト開発::
     使用機器 : DMD素子のコントロールボードDiscovery1100
     特  徴 : Discovery1100の制御。
             プリント基板直接露光のためにDMDを使って1000*1000の微小鏡をオンオフ
             することで解像度1μを実現。
             フレーム切り替え速度最大10000Frame/秒。

  ◆ プログラムロジック検証用PCIバスI/Fボード

     ボード開発 & FPGA開発::
     使用機器 : 
     特  徴 : Xilinx製Virtex-II Pro XC2VP70を搭載

  ◆ 超小型汎用CPUボード"PC104PLUS"用PCIバスI/Fカード

     ボード開発 & FPGA開発::
     特  徴 : CAMAC Controller用PC-104Plus I/F Card
     トピックス :日本物理学会(素粒子、核物理、宇宙線)に掲載。
       :宮崎ワールドコンベンションセンター・サミット。
       :イーサネット型 パイプライン CAMACクレートコントローラの性能評価」

  ◆ CMOSイメージセンサ ステレオ画像取り込みボード

     ボード開発 & FPGA開発::
     使用機器 : 
     特  徴 : X線カメラを使ってハイビジョン動画の読み取り、3次元表示装置を使って立体表示。

  ◆ ファード製PCIバスI/Fボード

      (ロボット用小型モータのエンコーダ受信)
      ボード開発::

◆ 宝くじ番号10枚同時認識評価システム

     ボード開発 & カメラ開発 & ソフト開発
     使 用 機 器 : 宝くじ封入機
     特 徴 : 宝くじ券を袋入れする直前に番号の確認を画像認識で行う。
            個別カメラごとに番号読み取りボードを用意し,機構からの
            シーケンス信号を使ってタイミングを計り、画像を取り込み
            文字認識を行う。さらにパソコン内で番号の正常/異常の判断を行う。
            異常であればシーケンサーに知らせ廃棄処理を知らせる。
            処理速度は200m秒/券で10台同時処理。

  ◆ シリアル計数器

     ボード開発 & FPGA 開発::
     使用機器 : BIO蛍光SEM
     特  徴 : 電子顕微鏡からのパルス信号の計数処理をインターフェースボード内で行ない、
             係数結果をパソコンに読み取らせる。

  ◆ 多チャネル超音波信号収録装置

     ボード開発 & FPGA開発 ::
     特  徴 : 医療用超音波データを多チャネル分を高速で収録。

  ◆ 2000*1000画素カメラ 動画収録

     ボード開発 & FPGA開発 & ソフト開発 & etc::
     特  徴 : ハイビジョン仕様アナログ映像信号を取り込みディジタルデータに変換する。

  ◆ 8chアナログ信号用ボード

     ボード開発::

  ◆ PCIバスI/Fボード (リレー評価用)

     ボード開発::

  ◆ 画像処理(ガラス玉計測)

     ボード::
     使用機器 : カメラ、パソコン
     特  徴 : ガラス球が所定の領域にあるか計測し、合否を知らせる。

  ◆ 音声データ取り込み、認識 DIALOGICボード

  ◆ キャプチャーボード(カメラ2台からの映像取り込み処理 )

トップに戻る


保有技術

ボード製作対象CPU: Intel :: 8080A, Z80, 8086, 80186, 80286, 80386
MicroChip :: PIC
TI :: DSP, SVP, MSP43
NEC :: DSP
対象パソコン: 機種 :: PC 9801, DOS Vパソコン,携帯端末(Android)
OS :: MS-DOS, Windows98, NT, 2000, XP, 7 ,Linux,Android
インターフェース:

Android 携帯端末 I/F(USB,BlueTooth,WiFi,NFC)
PCI Express I/F ( Device ) 1 Lane
PCI Express I/F ( Device ) 4 Lane

PCI I/F
LAN,USB,SCSI,GPIB,RS232C
液晶表示,タッチパネル
HDD,FDD
ISA,IDE,,

OS関連: androidOS
インテル80286用OS
( Program Loader & MultiTask Management Monitor )
C言語インタープリター。
FDOS(FloppyDiskOperatingSystem)
画像認識及び加工: 画像( NTSC, RGB, YPbPr )信号入出力処理
各種フィルターの設計開発
パターン認識 ( 学習によるパターンマッチング、特徴抽出 )
特定用途向け画像認識処理システム
画像入力及び特徴抽出処理機能付きボードの設計製作
音声認識周辺: 音声圧縮伸長
宅内電話線接続
認識エンジン部 ASIC 化
音声認識チップを使った認識応答システムボード
ディジタルフィルター設計開発
( 畳み込み演算、FFT )
アナログフィルター設計開発
利用言語: JAVA
VHDL言語
WindowsC++、C、Assembler言語
基板開発ツール

トップに戻る